PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

うちの子記念日

1年前の今日、トナは我が家にやって来ました。

出会いは県の愛護センターの譲渡会。

(愛護センターでのとなり。ゴム手袋で抱っこされています・・・。)
センターでのトナ

譲渡会はまず、会議室で獣医さんから犬の飼い方・しつけ方などの講習をしっかり受けます。
そしてそのあと、ボランティアさんによる面接を受けます。(住環境、犬に対する考え方、知識など)
決してもう一度捨てられる事がないよう、センターの方やボランティアさん達が
懸命に努力されている様子がうかがえました。

そのあといよいよ子犬と対面です。

子犬は全部で8頭くらいいました。みんな生後2~3ヶ月くらいで、可愛い子ばかりです。
初めてトナを見た光景は今でもはっきり目に焼きついています。
「この耳は、もらい手がないかもしれないな・・・。」
これが私の第一印象でした。

トナは今でも不安に思ったり嬉しかったりすると、耳が横に立ち上がるのですが
その日は一日ほとんど、その耳でした。

耳が変なトナ


しかも、他の子より少し大きくなっていて、足が太い。


性格を見ようと、じっと観察しました。

しゃがんで呼ぶと、すぐに尻尾を振って寄ってきます。
寝ている身体の上に他の子犬が座っても、全く気にせずそのまま寝ています。
真横で他の子犬2匹が大きな声をだしてケンカをしていても、ぼーとしています。

性格はとても良い、と思いました。


ただ、他に希望者がいる子犬は選ばない、と決めていたので、
この子を希望する人が他にいたら、別の子犬にしようと思っていました。

子犬の譲渡方法は、センターの方が一匹ずつ「この子がいい人は手を挙げて下さい。」
と言って、希望者が一人の場合はそのまま決定、複数の場合はじゃんけんで決める、というものでした。

 一匹目、希望者が2人で、じゃんけんになりました。

 二匹目、希望者は1人でそのまま決定です。

 三匹目、「この子がいい人は・・・」  ・・・誰も手を挙げません。 そこで私が手を挙げました。

こうして、トナは我が家にやってくることになりました。


(我が家にやってきたばかりのトナ。まだ不安そうです。)
来たばかりのトナ



トナが来て2日目、全く餌を食べなくなってしまい、慌てて動物病院に連れて行きました。

寄生虫でした。

愛護センターは消毒を徹底していましたし、
専属の獣医さんが、あらかじめワクチンも駆虫薬もきちんとやっておいてくれるのですが、
一般的な駆虫薬が効かない種類の寄生虫がいたのです。

トナの生まれ育った環境がいかに苛酷だったか、想像に難くないです。

私はトナがどこで生まれたか知りません。
分かっているのは、保護された日にちと場所だけです。

のどかな海辺の町で保護され、そこから何十キロも離れた愛護センターへ連れて行かれ、
また何十キロも離れた我が家にやってきました。
長い移動が続き、精神的にも肉体的にもつらかったと思います。

それでもしばらく病院に通い、すっかり元気な子犬になりました。

(かた耳が立っていた頃。このまま固定されるのでは!?危惧されていました)
かたみみ立ちのトナ


(来たばかりの頃、よくこのクッションをお母さんのおっぱいの代わりにして吸っていました・・・。)
クッションがお母さん

今でも時々「トナのお母さんや兄弟は今頃どこで何をしているのかな、幸せかな・・・。」
と考えたりして、憂鬱な気持ちになってしまいます。
でもその答えは分からないし、
今の私に出来ることは、トナを幸せにするように頑張ることだけなので、
今日も苦手な早起きをして、せっせとトナの散歩に行くのでした。



『トナは今、幸せ?』


となり



人気ブログランキングに参加しています。
【 たまに飼い主に寝坊されるトナリ 】
気に入ったらクリックして貰えると嬉しいです♪

     ↓↓
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

| 特別な日 | 12:11 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

となちゃん
本当に良い親が見つかって良かったね!
これからはず~っと安心して眠れるんだよ!
いっぱいいっぱい 幸せになってね!


家のまろんも
ペットショップでビーグルです!と売られていたの
奥の方に地味~に ひっそりと(笑

規格外なんです。でも いいんです 何犬だって
うちの子は「まろんと言う名の犬」なんですもん♪

| まろちゃぶ母 | 2010/07/28 12:52 | URL | ≫ EDIT

トナちゃんのうちのこ記念日おめでとう~
ハートのクッションを吸っているトナちゃんはちょっと切なかったです
幸せになって良かったね、

| takaiko | 2010/07/28 15:22 | URL | ≫ EDIT

★まろちゃぶ母さんへ

ありがとうございます!
確かに、まろんちゃんの大きくて優しい目を見ていると
何犬とか どうでも良くなりそうです♪
小さいときも可愛かったんでしょうね~。


★takaikoさんへ

ありがとうございます♪
当時、あの姿を見て、
トナはお母さんと、どれぐらいまで一緒にいられたのかな?
どうやって はなればなれになったのかな?
なんて考えていました。

| トナリの飼い主 | 2010/07/29 09:38 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。