2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

誤飲

フィラリアの薬を飲みました。


今月はまだ


飼い主が。
自分の薬と間違えて (*ノェノ)


んなばかな



( 回想 )

「今日はフィラリアの薬の日だ!
 忘れないように、早めにテーブルに出しておこう。」


しばらく経って


「あ、いつもの痒み止め(飼い主の薬) 飲まなきゃ。」
「ん?こんなところに出しっぱなしだった。ちょうどいいや、飲もう。ゴクン。」←バカ


何事もなく、まる1日過ごす。


次の日
「あれ?昨日トナにフィラリアの薬あげるの忘れたな。・・・・・・・・・Σ( ̄ロ ̄lll) 」←遅い



慌てて動物病院に電話して、事情を話して
製薬会社の連絡先を聞いて、問い合わせてみました。 

“フィラリアの薬を間違えて人間が飲んでしまいましたが大丈夫ですか?” と。←恥


製薬会社のおねえさんは、こんなおバカな問い合わせに
それはそれは親切に、丁寧に、対応してくれました。

おねえさんによると、フィラリアには作用するけれど、
哺乳類には作用しない成分だとの事。
飼い主は一応哺乳類なので、大丈夫そうです。

今まで、何件か同様の問い合わせがあったけれど、
健康被害の報告は無いそうです。

ていうか、仲間が何人かいた (*T_T)人(T^T)人(T_T*)


一緒にしちゃだめ


おねえさんは

「ご心配をおかけして、大変申し訳ございません。」

と何回も謝っていました。

とんでもありません。それはこちらのセリフです。
おねえさん(製薬会社)は全く悪くありません。
おバカな私が悪いのです。

「お忙しいところ申し訳ありませんでした。有難うございました。」

とお詫びとお礼を言って、電話を切りました。

「今後、何か体調に変化があったら連絡して下さい。」 

と言われたけれど、大丈夫です。
既に、ノンキに何事もなく1日過ごしましたから。


あ、ただ、同じようにフィラリアの薬を飲んでしまった方は
フィラリアの薬には種類があるので、
必ずその薬の製薬会社に問い合わせてみて下さい。

そんな人、めったにいないと思うけど。


薬ないし


ああ!そうだトナの今月分の薬がない!
動物病院に薬をもう一錠もらいに行かなきゃ。

一体どんな顔して行けばっっ (((((((*ノノ)


はずかし



人気ブログランキングへ










スポンサーサイト

| 飼い主のつぶやき | 09:15 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。